忍者ブログ
オフゲメインのプレイ雑記。
155 154 153 152 151 150
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いやぁ、マジで最高に面白かったです。

途中、決勝前日に1年生が観ていたビデオの伏線を回収してたり
マウスを仕留める時のみぽりんIV号の挙動が、まんま
カリオストロのチンクチェント状態だったりとか、
1年生(M3)のキルレシオがパネェ(※1)とか、
自動車部(ポルシェティーガー)の弁慶の立ち往生とか、
もう、涙で目が霞むくらいのドラマの連続で、
息するのを忘れるレベルでした!
(バレー部の悲痛な叫びも鼻水垂れたし)
本作は、昨今蔓延する『リア充な鈍い主人公』に、
4~5人のテンプレ化された萌えヒロインキャラを
陳列展示させ、サービスシーンでBD売上げを稼ぐ、
ラノベベースの類型などでは決してなく、

萌え系なヒロインに、アツい戦車戦のガワを
被せておきながらも、実は、日本人が本来持ち合わせている
判官贔屓(ほうがんびいき)の心、麗しい団結と、
仲間と喜びを分ち合う精神を、視聴者に押し付けずに、
そっと分けてくれる…という、未だかつて無い典型だった、
ということです。

換言すれば、水島 努 監督は、殺伐とした
宇宙世紀ライクな世界やら、テンプレ化された萌え系こそが
アニメの常道という昨今の空気を、
主人公である西住みほの胸に灯る『戦車道』という
フィルターを通した上で、
『日本人特有の和の心を体現』させ、
『他者を騙して保身のみを追求(※2)』する
現状を戒めたのではないか、と思えるのです。

苦しい時こそ、みんなと励まし合い、
支え合っていけるようになりたい…
エンドロールでのウイニングラン(地元での優勝パレード)での
車列を眺めつつ、そんな想いに浸れた作品に出会えたことは、
重畳と言わねばなりません。

グダ×2と戯言を述べてまいりましたが、最後にひとこと。
ガルパン、マジおもろかった!!
次は世界大会だろ!JK!!

追伸
八九式とM3に見せ場があって俺歓喜w
あと、自動車部のメンバーが元F1ドライバーや、
チームインパルの監督とか、ドリドリなお方な名前で
微笑ましかったw
特にツチヤタソのドリンクバーのある金曜が好きだから
あだ名がドリキンにはマジでお茶吹いたw

※1…まるで、ズヴェルボイ(猛獣殺し)のごとく、
   重駆逐戦車のエレファントとヤークトティーガーの
   2輌(!)を屠っている。
   エレファントは、背面零距離射撃で撃破。狩虎は、
   河川の護岸から川底に転落・転覆させ、擱座。
   M3は、退避直前に128mm砲弾が命中し、擱座している。
   また、キルレシオは、空中戦での彼我の損害率を表したもので、
   地上兵器では本来使わないコトバ。

※2…一部の大きなお友達、コアなファンから
   搾取することだけを目的とした安直な企画・作品群。

   地上波放送時は、B地区周辺に不自然な入射光が入ったり()
   例せば角なラノベみたいな…?
PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS secret
COMMENT
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
[01/20 まろ]
[01/15 kaesumi]
[08/10 まろ]
[08/09 kaesumi]
[05/02 まろ]
忍者ブログ / [PR]
/ JavaScript by Customize in Ninja Blog / Template by 小龍的徒話